ギター

「ピックギター」ってどんなギター?愛用者が解説します!

ピックギターというギターをご存知ですか?
くれぐれも「ギターピック」ではありません笑

ピックギターという種類のギターがあります。

メジャーな存在ではないですがピックギターはブルースやジャズの歴史を彩ってきました。

私もピックギターの魅力に魅せられ実際に愛用しています。

そんなピックギターについて

・そもそもピックギターとは?
・ピックギターの外観
・ピックギターのサウンドについて
・ピックギターの得意ジャンル
・ピックギターを使用しているギタリスト

以上の5つのポイントから解説していきます。

結論:ピックギターめっちゃいいギターです!

ピックギターとは?

そもそもピックギターとは一体どんなギターなのでしょうか?

アコースティックギターには大まかに分けて2種類あります。
ボディが平らな「フラットトップ」とボディに丸みのある「アーチトップ」です。

アーチトップの中で「フルアコースティックギター」「ピックギター」という2種類のギターがあります。

ではフルアコースティックギターとピックギターの違いは何でしょうか?

それはピックアップがついているか、ついていないかの違いです。

フルアコースティックギターにはピックアップが搭載されることを前提にしたデザインであるのに対して、
ピックギターにはピックアップがもともと搭載されていません。

ピックギターの外観

それでは次にピックギターの外観を見ていきましょう。

まず何と言ってもFホールと呼ぼれるF字型に開いたサウンドホールです。
この特徴的なサウンドホールの形でまるでバイオリンのような見た目です。

しかもピックアップも搭載されていないのでフルアコに比べてすっきりした外観となっています。

素朴でお洒落な感じですね。
飾らない美しさがピックギターにはあります。

ピックギターのサウンドについて

ここまできたらピックギターのサウンドが気になりますね。
どんな音がするのでしょうか?

めっちゃロングトーンで密度の高いゴージャスなサウンドです!

ごめんなさい、嘘つきました。
その正反対のサウンドです。

・サスティーンは短め
・レンジは狭め
・素朴

こんな感じでしょうか。

ギブソンとかマーチンとかのギターとは全くベクトルの違う音です。

ここまで言うと「めっちゃしょぼそー」って言われても仕方のないギターかもしれません。

だけど、それがいいんだなぁ。(みつお)

鳴りがしょぼいというのと全く違う。
狭いレンジの中で不思議な魅力のある鳴り方をしてくれるんです。

特に古いヴィンテージのピックギターの枯れた乾いたサウンドは最高です!

こちらの動画が実際にピックギターとアーチトップギターを引き比べたものです。

ピックギターの得意ジャンル

上記のサウンドの特徴、そしてその外観からピックギターを使うと美味しいジャンルが2つあります。
それがブルースとジャズです。

ときにソリッドでジャキッとしたサウンド、ハイフレットの甘く枯れたトーン。
もうたまりませんね。

このサウンドと見た目が相まって雰囲気でまくりです。

ピックギターを使用しているギタリスト

それでは最後にピックギターを使用しているギタリストではどんな方がいらっしゃるのでしょうか?

内田勘太郎

日本人だとこの人が一番有名ですね。
憂歌団のギタリストとして知られる、日本のブルース史を語る上では絶対に外すことのできないギタリストです。

内田さんが使っておられるこのピックギターはChaki P-1です。
京都の茶器弦楽器製作所が製造した名器です。

内田さん曰く「一生懸命弾かないと鳴らない」じゃじゃ馬なギターとのこと。

憂歌団の楽曲ではこのChakiのサウンドが堪能できます。
特にスライドの音が美しい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本日はあまりスポットライトのあたらない「ピックギター」というギターについて

・そもそもピックギターとは?
・ピックギターの外観
・ピックギターのサウンドについて
・ピックギターの得意ジャンル
・ピックギターを使用しているギタリスト

からご紹介させて頂きました。

影があたらないながらも実力派!
このなんともいえない個性的な響きを是非とも試してみてください!

これからもピックギターの魅力をもっと知ってもらうべくピックギターをテーマに記事を書いていきます。